読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K10's Memorandum

いきなり登山が好きになりました

【バリア全開】NIKWAXでハードシェルの撥水効果を復活させるの巻

天気予報と自分の予定があわずに、久しぶりに家でボンヤリ過ごす週末。こういう時に限って、ブログやSNSを見ると、みんなの「晴れた山に行きました!」という報告で溢れ帰り、なんだか損した気分になる。時間があるので、近所の東急ハンズに行き、掃除道具やら文房具を物色していると、イイモノを発見した。

f:id:S-D-K10:20170515230132j:plain

NIKWAX

ソフトシェルやフリースの類は、中性洗剤を使ってドライモードで洗濯機にかけておしまいだが、今回はNIKWAXを試しに使ってみることにした。 

 

NIKWAXテックウォッシュとウォッシュイン

グリーンがテックウォッシュで、洗濯洗剤

パープルはウォッシュインで、撥水加工剤

普通の洗剤と何が違うかと言えば、用途がレインウェア、スキーウェアー、ザックなど効果が必要な生地に使えること。さらには、洗濯機で使用可能

面倒くさがりな自分でも使える。

 

ラベルを見ると、緑のテックウォッシュ(洗濯洗剤)だけでも、撥水効果の回復と活性化がされるようだ。撥水効果の復活のためにスプレーも持っているが、今回は、雪山シーズンにフル回転したハードシェルのメンテナンスのため、少し手厚くやることにした。スプレーだとどうしてもムラが出ると思われる。

 

早速洗濯機に投入する

f:id:S-D-K10:20170515231352j:plain

いつものこのハードシェルと、黒いハードシェルパンツ

  1. ジッパーは全部閉める。ストラップも閉じる。
  2. 一応、怖いので、上下別々にネットに入れる。
  3. のテックウォッシュを入れて、洗濯機スタート。15分くらい。
  4. 「すすぎを多め/長め」「脱水しない」
  5. ボトルには乾燥させると書いているが、紫ボトル(撥水加工剤)は、濡れたまま再度洗濯機に投入しろと書いてあるので、従う。
  6. のウオッシュインを入れて、再度洗濯機スタート。15分くらい。
  7. は、よりも、「水多め」、「すすぎ1回」、「脱水なし」
  8. 終了後、乾燥機でしっかり乾燥させる。

推量の目安、投入する液体の量、すすぎ回数とかは、ボトルにちゃんと書いてあるのでそれに従うだけ。それよりも、いつも洗濯から脱水まで勝手に洗濯機がやってくれるので、今回のように細かく設定する操作のほうが厄介だった。

 

効果

f:id:S-D-K10:20170515232400j:plain

弾く!

洗濯前の状態を撮影しておけば良かった。

洗濯前も、流石に染込むことはなかったが、なんというか、水滴が軽快に転がらない感じだった。洗濯後は、水をかけても、手で払えば全部飛んでってしまう感じ。

普通の洗剤と同じように使えて、洗濯機に放り込んで乾燥させるだけでバリア復活。強いて問題点をあげるとしたら、。緑の洗濯洗剤はまだいいが、紫の撥水加工剤は、ジャケット1−2枚での仕様目安が300mlと記載されている。このボトルが1本300ml... 

何と1回につき1本のペース。

千円以上するのが確実な商品なため、気軽に使うのはちょっと厳しい。シーズンが始まったら緑ボトルで洗濯してスプレーで撥水加工して済ませ、シーズンが終わるor始まる直前に紫で完全復活させる、というのが賢い使い方だろう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村