K10's Memorandum

いきなり登山が好きになりました

【敢えて】2019年の第1座で超地味な登山をしてしまうの巻(2018年1月12日)

黄金のルートを選択

新年早々の3連休。特に日曜日と月曜日の天気は最高に良さそう。雪山だ、小屋泊だ、アルプスだ。。。しかし、何を血迷ったのだろうか。

 

土曜塔ノ岳へ。。。

1日待てば好天と雪景色だったのに、敢えて土曜日に行くことになった。

 

なぜ。。。山頂は真っ白。しかも雪が降る前なので、超絶寒い。

 

おまけに、日中は雪ではなく小雨。

 

リハビリ戦第2弾

この冴えない天気に、敢えて塔ノ岳を選んだ理由は、前回記事でも記載した「顔面蒼白の友人」のリハビリのためである。まだ、振り絞るような登りや、雪山は難しいとのことなので、勝手知ったる場所になった。

 

バカ尾根ピストンではあまりにも芸はない。鍋割山から鍋焼きうどんを食べてから、塔ノ岳を回って降りてくるコース。考えて見たら、距離や時間を考えると、そこそこタフなコースでもある。

 

初めて鍋割山に至る尾根を登った時は、こんな苦しいコースがあるのか、と驚いたものだが、ペースさえ気をつければ実は歩きやすい。しかし、流石に病み上がりの友人には「楽ちん」とは言えなかったようだ。明らかにキツそうである。

ぐはぁぁーーーー

ぐえぇぇーーーー

あ゛ーーーーーー

どぉえぇぇーーー

謎の雄叫びを発しながら、後ろから自分を追随する。

 

悪天候予想なので人もまばら。雲もかかってモヤってる。こんな状況で、後ろで奇声をあげられていると、なぜかバイオハザードの映画を思い出した。ほら、向こうの方にゾンビが見えるでしょ。

 

地味な写真ばかりで震える

悪天候で展望もほぼない丹沢登山。自然とカメラを構えることは激減。

 

人は驚くほど少ない。この写真も驚くほど地味で、何も語るべきことはない。あえて言えば、寒かったのでPatagoniaのナノエアを着ました。ザンバランのレザーブーツはまだ快調です。ボトムスを新調しました。。。なんとも虚しい。

 

今度は塔ノ岳の山頂です。何もありません。真っ白です。寒いです。

 

と思ったら、一瞬だけ雲が切れた。そして、だ。

 

良かった。これが見れただけでも、何か来た甲斐があった。鍋焼きうどんと霧氷で、ギリギリこの登山は赤点を免れた。

 

オマケ

お馴染みの大倉バス停の「どんぐりハウス」跡地。

 

何とコンビニになっていた。ここに温泉施設でも作れば、ガッポリ設けられるような気がするのだが、まぁこれでもいいか。

 

林道にある小さなショベルカーも、まだあった。一応使われているんですかね。

 

鍋割山荘へ担ぎ上げるべき、水ボトル。写真は撮ってみたが、語るべき言葉はこれ以上はない。皆んな頑張って持っていきましょう。

 

嗚呼、なんて書くことに乏しい1座だったのだろうか。でも、気づけばスタートから7時間近く歩き続け、トレーニングとしては良かったのかもしれない。1月、2月は繁忙期になるが、時間を見つけて雪山に行こう。

 

おしまい。

 

【迎春】平和な年末年始

謹賀新年!!!

画商

皆様、新年明けましておめでとうございます。

2018年は個人的には不完全燃焼な1年でしたが、この2019年は迷いなく登山ができる1年にしたいと思っております。登山回数が減るにつれブログの更新も減りがちですが、感動したことを1つでも多く書けるよう、今年は頑張りたいと思いますので、引き続き宜しくお願いいたします。

 

以下、最近の出来事を書いたオマケ2話です。

友のリハビリ(奥高尾縦走)

新年早々の更新なので、少し何かを書こうと思い、まずは昨年の最後の登山について。このブログの登山記録でお馴染みの「顔面蒼白の友人」が若干の病にかかり、師走の最後にリハビリ登山にお供することになった。

遠出は難しいのはわかっていたので、塔ノ岳でも行こうと思っていたが、結局安全に奥高尾縦走を洗濯した。陣馬山から1時間ちょっとはグングン昇が、あとはマッタリ縦走。年を締めくくるには悪くない選択肢である。少し退屈で眠くなるルートではあるが、友人に無理をさせるわけにはいかない。

 

f:id:S-D-K10:20190106204130j:plain

陣馬山の山頂付近からの1枚(iPhoneで撮影)。訪れたのは12月30日。見事な富士山と奥秩父山系の景色。高尾山や景信山からも富士山が見えるが、陣馬山からの展望は遮るものが少なく、富士山のみならず秀逸。陣馬山から高尾山に抜ける縦走路は、最初の登りをクリアしてしまえば、終始お喋りしながら歩ける平和な登山道なので、是非色々な方に試してほしい。

 

f:id:S-D-K10:20190106205522j:plain

景信山から相模湖と富士山。こちらもiPhoneで撮影。

 

f:id:S-D-K10:20190106205458j:plain

景信山から下る途中でiPhoneにて撮影。自分の家がある方角が見られる山は意外に少ない。

 

他愛もないことを話しながら6時間ほどで縦走終了。陣馬山でも標高800Mもないが、この日は妙に寒く感じた。アンダーウェア、インナー(ウールではなくポリ)の上に、Patagoniaのナノエアを装着して行ったが、これで丁度いいくらいで、山頂ではさらにダウンを羽織った。多分、アップダウンが少ないため、体が暑くなることが少なかったからだろうか。

 

2018年は、前の年に比べると登山の回数が半減で、また登山での新しいチャレンジが少ない1年であった。そんな中で、北岳にテント泊できたことは、2018年でもっとも感動した登山であった。

また、2018年の終わりに登った茅ヶ岳は、一見派手さはないものの、変化に富んだ登山道を楽しめるという意味で、非常に印象深い一座だった。

 

 

新年初売りへ

初売りといえばSale。しかし、登山道具でSale対象になっているのはアウターやボトムス、あるいはシャツ類が中心。正直、私服やスーツもそうだが、「買いに行く」と決めてお店に行ってもビビッとくるやつに出会うことは少なく、実際に買い換える必要性もないので、セール品はサッと素通り。

 

新年2019IMG_0592

とりあえずは、今使っている道具類の買い替え。Platypusの2リットルは、予備の水という意味も込めて毎回出動するのだが、使いすぎて黄ばんできてしまい「見た目」がイマイチなので買い替え。

 

新年2019IMG_0595

ドリンクボトルも、あっちこっちにぶつけてフタ部分が変形してきたので、一緒に買い替え。Nalgenの1リットルが売り切れていたので、Primusにして見た。フォルムがカッコいい。

 

マイクロファイバーのタオルは、いつの間にか使っていたものが行方不明になってしまい購入。シャツはMilletのセール品。長袖で私服のインナーとしても使えそうなものをチョイス。昨年はマムートのダウンやらボトムスを買って大変なことになっていたが、今年は控えめな買い物模様であった。お気に入りのマムートのオレンジ色のソフトシェルがボロボロになってきたので、そろそろ買い替えたいと思ったが、店舗に人が多すぎるため今回は断念。

 

今年は1月の日の並びと仕事のスケジュールとの相性が最悪で、新年最初の登山がいつになるのかわからないが、たくさん写真を撮ってアップしたいと思います。

おしまい。

 

【ラッセル】枯葉と岩で覆われた二百名山へ(茅ヶ岳−金ヶ岳2018年12月21日)

展望抜群の二百名山

師走も後半に入り、残り日数と積み上がった仕事量を考えて絶望する日々が始まる。クリスマスはその意味でターニングポイントで、それを超えると、「諦める」というコマンドが出現する。もう少しの辛抱だ。そんな中迎えた金曜日、オフィスが休みになる。残務整理などいつでもできる(ハズ)なので、人の少ない山へ繰り出すことにした。今年は温暖とはいえ、高山地帯は既に雪の世界。久しぶりの登山で雪装備は嫌だなと思い、2,000M前後で未経験、そしてアクセスが楽そうな場所を選び、今回は茅ヶ岳を選択した。山梨にある二百名山で、深田久弥の終焉の地、そしてJR韮崎駅に到着した時に北側にドンと見える山、という予備知識くらいか。今回の同伴者は、偉大なる先輩である。

茅ヶ岳IMG_0575

ニセ八ヶ岳としても有名。。。

  •  
  • Easy ModeとHard Mode
  • 茅ヶ岳山頂からの展望
  • 茅ヶ岳から金ヶ岳へ縦走
  • スリリングとマッタリ
  • 最後に
続きを読む

【残紅葉】秋がほぼ終わっている滝子山の快適登山(2018年11月24日)

晩秋登山は非常に良い

色々と悶々としているうちに時間がたち、いつの間にか11月も終わりを迎えてしまった。紅葉は安達太良山などで見る機会はあったが、この登山最適シーズンに山に行く機会が減ってしまったことは、自分としても意外である。静寂を求めに行ったはずなのに、乗客が乗り切れないバス、渋滞する登山道。多分、この日も3連休中日の快晴なので、メジャーな場所はヤバかろう。他の方のTwitterで投稿されるアクセス良好の山の写真は、大行列を映し出していた。。。

最近、登山に行く相手が「顔面蒼白」の友人に偏っているのが気になるが、今回も彼との山雪計画を作成。人が少なく登りごたえがある程度ある場所、、、、ということで、たどり着いた結論が、秀麗のひとつ滝子山山と高原地図大菩薩嶺」を握りしめ出撃した。

 

滝子山2018IMG_0356

大月周辺の山は駅から歩いてアクセスできるのでGood

  • 滝子山について
  • 秩父山系と晩秋の相性の良さ
  • 登山道の本編
  • 最後に少しだけ残っていてくれた紅葉
  • 最後に
続きを読む

【TDL】今年2回目の安達太良山で紅葉狩り(2018年10月8日)

思った以上に黄色かった!

昨年の同じ時期の3連休は、北アルプスの涸沢、北穂高岳を訪れていた。しかし、紅葉ピークから1週間程度遅かったという記憶と、大人数の宿泊客がすし詰めになった山小屋の悪夢が今でも強烈に思い出される。やりたい放題暴れる台風たちのおかげで、なかなか登山計画が立てられない週末が続いているが、たまたま自分と「顔面蒼白の」友人の予定があう日が晴れマーク。溢れるくらいの人が押し寄せる線は危険だ、という直感を信じ、進路は東北へ。今年2回目の訪問だが、紅葉で有名な安達太良山へと向かったのであった。

 

混雑を覚悟で臨む登山

先ほどの北アルプス登山を持ち出すまでもなく、9月と10月の山は信じられないくらい人が溢れるので、自分は嫌いだ。沢山の人に揉まれたかったら、渋谷のスクランブル交差点か、東京ディズニーランドに行けば良い。でも紅葉を見たい。

 

安達太良山秋01

二本松駅からバスで登山口に向かうと、岳温泉を超えたあたりから渋滞開始、ノロノロ動いてはいるが「遅い」。バス専用レーンはないのか!と思いつつノロノロ進むバスの中で到着を待つが、なかなか到着しない。ついに痺れを切らした一人の乗客が、強引に車敢行。自分たちもこれに続いて、最後の2キロは徒歩で登山口にアプローチすることになった。

 

安達太良山秋02

この選択は正解だった。道路脇の木々も若干紅葉して綺麗だし、何よりも同じ体勢でじっと耐えるバスよりも、少々疲労はするが、自由に歩く方が100倍良い。道の終点は、赤く染まった山が見える。期待大だ。

 

安達太良山秋03

そういうわけで、登山開始は9時半になってしまった。次々と押し寄せる人々。バスが止まれば中から無数の紅葉目当ての人々が降りてくる。皆がロープウェイに向かう中、一部の「それっぽい格好をした」人々は登山口へ向かう。

 

樹林帯からして美しい登山道

今年2回目の訪問でもあり、登山道については何も語ることはない。ここからはひたすら、紅葉中心に写真を載せていく。今回はそれだけの記事だ。

安達太良山秋04

安達太良山秋05

序盤戦の樹林帯。紅葉30%と言ったところだが、既に美しい。気温も涼しいし、文句なしの登山日和。登山道登りは人が少ない。

 

安達太良山秋08

友人の顔色も良い。自分の体調も悪くない。気持ちのいい登山である。いつもは「旧道」を使ってショートカットするが、今回はノンビリと馬車道を進んだ。

 

安達太良山秋06

安達太良山秋07

勢至平までの登りは、なんともリラックスした登山である。

 

紅葉クライマックスは中盤にあり

安達太良山秋09

登りが終わって、勢至平を超えていくと、徐々にアップ

 

安達太良山秋10

いや、既に勢至平でも十分すごかったか。

 

安達太良山秋11

徐々に紅葉指数が上がってくる。

 

安達太良山秋12

そして、徐々に「ヤバい」感じが出てきた。この辺りは、ミックスベジタブルのような緑と黄色の混合地帯。既に満足感が出てきている。

 

安達太良山秋14

そして、今回のハイライトがココ。「くろがね小屋」付近が、見事に紅葉していた。いやはやお見事で、何も言う事は無い。

 

安達太良山秋13

なんでこんな色になるんだろうか。不思議すぎる。

 

安達太良山秋15

くろがね小屋に接近。この辺りは、まさに「身頃」の紅葉。昨年逃した「ピーク」シーズンを、ようやく捕らえたようだ。

くろがね小屋の先は「いつもの」景色だが素晴らしい

思い返せば、この「くろがね小屋」付近が紅葉という意味ではクライマックスで、そのあとは、「いつもの」安達太良山の登山だ。ただ、所々紅葉も進んでおり、少なくとも初夏に訪れた時とは全く違う雰囲気だった。前回の記事でも書いたかもしれないが、この山は、シーズンごとに表情が違うのでとても好きだ。

 

安達太良山秋002

安達太良山の山頂へ向かう「いつもの」登山道。そして色づいていて美しい。

 

安達太良山秋003

ガレガレ急登地帯。

 

安達太良山秋004

横を見れば、見事な緑とオレンジのコントラスト。

 

安達太良山秋006

「峰の辻」前の登り付近。現地ではそう思わなかったが、写真で振り返るとかなり色が入っている。

 

安達太良山秋007

峰の辻を超えると、荒々とした感じの、いつもの安達太良山である。

 

安達太良山秋005

い目玉の親父が無数に生っている。

 

安達太良山秋008

最後に登り返して、山頂に到着。

 

激混みを見越してサッサと下山

安達太良山秋009

山頂付近は思ったほど混んでいなかった、次から次へと登山客が通過。本日は紅葉目当てだったので、既に自分たちは満足である。山頂を示す表札も、写真撮影の人々が密集していたので、写真を取ることを諦めた。

 

安達太良山秋010

せっかく来たのだから「馬の背」方面にも行きたかったが、諦めて下山開始。

 

安達太良山秋012

帰りのバスは、毎度乗り継ぎがあったりで時間がかかるため、帰りはロープウェイで。。。などと考えてしまった。実際この写真は、山頂からロープウェイ駅に向かう登山道からの一枚。

 

最後に

紅葉の写真をアップしただけの記事になってしまったが、実際に今回の登山は紅葉目的のため、寄り道などなく帰途についた。東京からのアクセスは、東北にある山としては悪くは無いが、バスの本数の少なさは、こういうピークシーズンでは致命的だ。

とりあえずは、当初の目標を達成して満足ではある。一方、ロープウェイに向かう道の最後の方(ロープウェイの駅付近)は、ロープウェイ待ちの人で溢れ、浦安の「ネズミ王国」のような渋滞(行列)が発生。下山は、淡々と下るだけの「作業」のようだった。

次は雪のシーズンに来よう。

 

安達太良山秋011

おしまい。

 

過去の安達太良山の記事は以下となります。 

 


  

【疲労】瑞牆山をグングン登ってみるの巻(2018年9月23日)

眺望を求めて行った先の出来事

たった1日しかないお休みを登山に使うべきか、疲労回復に当てるべきか、非常に悩まし問題だ。悪天候であれば諦めがつくが、「てんとら」でAAAAAAAAとかを見てしまうと、究極の選択である。この週末の選択はGO。体力的には長時間登山は無理なので、手軽で、でも少し雰囲気のある山がいいな。この日お供したのは、昨年登山を開始した「新進気鋭の若者」。地味系の山じゃないところ希望、というアバウトな希望も叶えるため、瑞牆山を選択した。百名山だがサクっと登れて、頂上は結構素敵。2年ぶりだ。

瑞牆27

紅葉はまだ序盤という感じ。。。

  • 出発早々に出鼻を挫かれる
  • 緊急事態発生。。。
  • テンションをあげて先に進む
  • 高度を上げてさらにテンションを上げてみる
  • 激混みの山頂にて
  • 最後に
続きを読む

【WHY】色々な意味で予想が外れた天城山登山(2018年9月17日)

ご褒美のない登山

本日突撃したのは百名山でもある天城山赤城山とかと同様、「天城山」という山があるわけではなく、伊豆半島中央にある連山一帯を指してそう呼ぶとか。仕事をするかどうか迷ったが、3連休の1日くらい自分の好きなことをしてもバチは当たるまい。そう思った途端、前日ではあったが「顔面蒼白」の友人に連絡したところ快諾。持つべきものは友である。しかし、全国的に天気がイマイチで、消去法的に天城山が目的地として決定した。

この選択は果たして正しかったのだろうか。

 

アクセスはかなり良い山

朝6時半の「こだま」に乗り、熱海→伊東と進み、バスで55分。9時前に登山口到着。静岡県伊豆半島にある山であることを考えれば、アクセスはかなり良い。

 

DSC09221

地図の赤線を辿って「天城山縦走路」を進みたかったが、帰りのバスやら休み明けのことを考えて、コンパクトに「シャクナゲコース」という地図の黄色いルートを時計と反対回りに進むことにした。登山口はすでに標高1,000Mあり、標高差400Mということで、かなりマッタリとした登山になるはずだった。。。

 

予想と全く違う登山道

天城

先に言っておけば、鎖場の連続というわけでもなく、特筆すべき急登があったわけではないが、なんというかと樹林帯を進むだけの登山道である。

 

DSC09239

危険地帯などはないのだが、前日降った雨のためか、足元がかなりゆるい。登りはともかく、下りは面倒。山頂までは標高差400Mくらいであるが、この登山道はアップダウンを繰り返すため、獲得標高はもっと大きな数字になると思われる。

 

DSC09308

DSC09258

登山口から「涸沢分岐」まで、少々歩きづらいところもあるし、滑りやすい足場もイラっとするが、基本的にこの1時間半はとした登山道である。妙に湿度が高い。

 

DSC09337

涸沢分岐から目的地の「万郎岳」までは一気にハイクアップ。

 

DSC09339 (1)

木の階段が中心になるのだ、ところどころ崩れていていたり、前述の通り足場が濡れていることもあり、かなり心折れる道である。決して息が消えるほどの急登ではないが、としすぎて怖い。

 

DSC09348

前日にランニングをやりすぎてバテバテの友人。

まんざぶろおおおおおおおお

と叫んで上がってくるのが印象的であった。しかし残念、正確には「ばんざぶろう」だ。

 

DSC09360

淡々と登り上げ山頂へ。展望ほぼない山頂で、達成感がない。

 

三郎がダメなら二郎に期待

全く感動のない万三郎岳の山頂。次に訪れる万二郎岳に期待である。

 

DSC09364

縦走路であるが、アップダウンがそこそこある。

 

DSC09375

途中「アセビのトンネル」と呼ばれる場所があるが、花は咲いていない。その代わり、ところどころでスズメバチがいらっしゃる。

 

DSC09386

万三郎岳から進むこと1時間。何かが見える。

 

DSC09387

まさかの展望のない山頂パート2に至る。渋すぎる。

 

DSC09388

一応、万三郎よりは開けているのだが、雲の多い天候のせいもあるが、カメラを構える意欲が全く出てこない風景である。。。残念なことこの上ないが、さっさと撤退。ここから1時間かけて登山口に戻ったのであった。

 

天城山の良いところ残念なところ

正直なところ、登った後に感じたのは、

「なぜ百名山になってるの?」

本日は雲が多く、さらに前日の雨で地面も濡れていて歩きづらい、と言った面もある。しかし、終始樹林帯をアップダウンするだけで、ご褒美になるはずの展望もそれほどのものではなく、ハッキリ言えば高揚感が全くなく終わってしまった。

ネットで調べると、どうやらこの山はシャクナゲをはじめとする「花」が売りのようで、今回はどうやら花のシーズンを外れてしまったようだ。その一方で、やたらスズメバチと遭遇したこともあり、高揚感のなさとともに正直印象は良くない。

ただ、敢えてポジティブに考えれば、登山道そのものは起伏あり、手を使う場所もあったりと変化は結構ある(淡々とはしているが。。。)。また、特にシャクナゲコースの序盤は、苔に覆われた岩や木々も多く、雰囲気としては悪くはない。

 

DSC09227

DSC09334

DSC09314

DSC09300

この日はお気軽に歩き回るため一眼レフではなく、SONYコンデジで臨んだ。考えてみたら、登山に本格的に使うのも初めてだったかもしれない。シャッターを押せば最適な写真をとってくれる反面、自分がこんな感じで撮りたいな、と思ったときになかなか自分好みで撮るのが難しい。。。慣れの問題かもれないが。

なかなか記事にしづらい山だったが、一応これで百名山の1個を制覇だ。

 

DSC09389

下山後、伊東で電車を待つ間に一杯。鮮魚と地酒、素晴らしい。

おしまい。

DSC09357

 

(オマケ)

なんとこの高揚感なき登山の記事が、ブログ100個目という節目の記事でした。。。