K10's Memorandum

いきなり登山が好きになりました

【ハンパね】夏山の安達太良山も素晴らしいではないか!の巻(2018年6月2日)

化粧をしない方が好みです。

丹沢山に行った後、知人や職場の仲間との近郊の山に出かけたりしていて、3週間ぶりに登山中にいつも「顔面蒼白」になる友人と連絡をした。どうやらReady to goらしい。山の天気予報を見ると、週末は広い範囲で好天が望めるとのことで、八ヶ岳、日光、奥秩父などの候補は全てOKであったのだが、東北側に足を伸ばしたいということで、良山を選んでみた。なだらかな稜線が何とも印象的な東北の百名山は、昨年雪山登山で行ったことがあるが、無雪期は初めてである。この山はアクセスや展望も素晴らしいことに加え、何というか名前が好きだ。

IMG_6485ADTR

牧歌的なスキー場のある奥岳登山口から始まる。 

  • アクセスと登山コース
  • 勢至平からくろがね小屋までの登山道
  • 山頂まで1時間ちょっとのはずが。。。
  • 山頂へ
  • ランチを食べながらこの後のことを考える。
  • 引き返す時がやってくる
  • 最後に
続きを読む

【通過】最も近くて遠い百名山 丹沢山へ到達するの巻(2018年5月12日)

初心に戻って登山をしたい

なぜか、Hatena Blogで写真がアップできない状態になってしまい、投稿は久々である。少し前の登山であるが、気を取り直して書いていこう。

5月中旬、週末の登山プランを話し合っていると、登山中にしばしば「顔面蒼白」になる友人は、「初心」という言葉を口にした。「初心に戻る」もなにも、我々は初心者じゃないか!と心の中で思ったが、淡々と登りたいようだ。甲武信ヶ岳鷹ノ巣山あたりが思い浮かんだが、丹沢に行くことで合意となった。塔ノ岳は何度も立ち寄ってるが、ヤビツ峠、あるいは鍋割山から塔ノ岳を経由することがほとんどで、そのまま塔ノ岳から大倉尾根を下ることが多い。これまで丹沢山まで足を伸ばす機会はなかった。

IMG_6292丹沢山

こちらはキャサリンのほう。(前から名札あったっけ?)

 

  • 初夏の登山道は気持ちが良い
  • 本日の目的でもある丹沢山への稜線歩き
  • 唯一期待外れの山頂
  • 最後に
続きを読む

【ソリ】残雪期の至仏山。パノラマ展望と高速下山の巻(2018年4月21日)

残雪期の登山は皆さんお気をつけを

4月も後半に入った。仕事の都合でお互いのスケジュールがなかなかあわなかった「先輩」から、週末登山の誘いを受けた。恐るべき脚力を持つこの人物を満足させるために、何を提案できるだろうか。甲武信ヶ岳丹沢山、秀麗富獄十二景のどこかなど、とりあえずドM系のコースを頭に思い浮かべる。しかし、本人から「尾瀬」というキーワードが聞こえてきた。

尾瀬おぜ、オゼ、OZE....

桟道を歩く山ガールの映がなぜか思い浮かんだ。しかし、待て。今は4月。都心は暖かいが、高山帯はまだ雪山。でも尾瀬周辺の山は一体どんな状態なのか?そんな楽しい事前のイメージトレーニングをしつつ、当日を迎えた。今回は至仏

IMG_6189至仏山

続きを読む

【育成】LOWA TIBET GTXの購入から現在まで(ローバー チベット GTX)

久しぶりに登山靴の記事です

TIBET21

  • 序章:チベット購入の経緯
  • 靴探し開始とTIBET購入に至るまでの紆余曲折
  • Open The Box
  • 使用開始から8ヶ月経過 
    • 履き心地は非常によい
    • 重量感はあまり感じない
    • お手入れ
  • 使用中の写真はなかなか難しい
  • 最後に

 

序章:チベット購入の経緯

登山をするために必要なアイテムで大事なものを3つ挙げよ。そう聞かれれば、多くの人は「登山靴」を回答すると思う。自分もそう思う。登山靴に何を求めるかも、多くの人は似ている気がする。カッコ良くて、出来るだけ軽くて、丈夫で、そして値段も安いなど。ただ、タウンユースの靴や、他の装備品と異なり、登山靴は「足に合う」かどうかが全てに優先すると思う。

Zamberlan(ザンバラン)とMeindl(マインドル)の2足を山域によって使い分け、後者のジョラスGTXという靴を主に高山帯で使用していた。足へのフィット感が良く、固さが十分な一方でそれほど重くはなく、足首から上の可動も確保されていてなかなかいい。が、しかし、使用開始して数ヶ月後、20kgのザックを担いで臨んだテント泊で見事に靴擦れとなり、エライ目にあうことになった。

現在もこの靴を履いている。靴下やインソールを替えたり、事前に靴擦れ予防のテープをしたりして、誤魔化しながら使っていると言った方がいい。靴擦れしなければ非常に良い靴なのだ。靴擦れしなければ。

そして、これほど見事なまでに靴擦れを起こすということは、それが仮に重いザックを長時間担いだことが原因だとしても、この靴は本来的に自分の足に合ってないのだと思うに至り、その代わりとなる一足を探す旅が始った。

続きを読む

【御礼2】K10's Memorandumアクセス50,000達成&1周年

ブログを開設して1年が経過しました。

繁忙期で年明けから登山やブログアップが思うようにできずにいましたが、

その間もアクセスが伸び、50,000アクセスを無事突破(祝)

ブログを開始した時は、1年で10,000アクセス行けば御の字だと思っていたので、この数字は良い意味で意外です。毎回記事を読んでくれている方々、また、登山道具レビューに引き込まれてアクセスした方、皆様に感謝であります。

投稿した記事はこれを含めて89。こちらは意外に少なかった。どうしても記事に写真を入れたいので、その準備に時間を使ってしまうと、書く回数も減ってしまうという背景です。文字だけで勝負したいけど、なかなかそれもブログ的には厳しいわけで。

4月から登山回数も増えてくるので、登山や道具の記事もどんどんアップして行きたいと思います。

 

5万記念

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

【大変革】意外に雪が残る南八ヶ岳・編笠山登山へ(2018年3月24日)

雪があってラッキーか、それともアンラッキーか

たしても仕事の関係で登山に行けない週が続き、気づけば3月下旬になってしまった。今週ようやく登山に行けそうなので、一緒に行ってくれる愉快な仲間達に連絡したところ、「顔面蒼白の友人」と予定があった。自分には特に行きたい山系がないので、いくつか天気の良さそうな山を提案してみたところ、返って来た答えは実に意外なものだった。南八ヶ岳編笠山南八ヶ岳の中では標高が低め(2,523.9M)で、雪山での主峰クラスに比べれば危険度は下がるが、なかなかな歯応えである。彼も完全に八ヶ岳の魅力に取り付かれてしまったらしい。

網笠山2018IMG_5557

山頂から観る主峰たちは、素晴らしく凛々しい

続きを読む

【隊列】久々の雪山登山で谷川岳へ(2018年3月3日)

2ヶ月ぶりの雪山登山である

スケジュールと天候の兼ね合いで、年明けの八ヶ岳から意図せず雪山から遠ざかってしまった。カレンダーはもう3月に突入で春近し。慌てて週末に雪山登山の計画をたてた。しかし、なんだか遠くに行って2日間を使うのは気が引けて、近場で選ぼうと思い谷川岳とした。2016年に雪がある状態で登っている(無雪期は昨年9月)が、今回は3月、前回は積もり始めた12月だったので少し状況が違うでしょう、と期待しつつ。

 

やっぱり抜群のアクセスの良さは嬉しいの一言

谷川岳は自分の中では好きな山のかなり上位である。積雪期に西黒尾根から登るのであれば話は違うかもしれないが、自分など手っ取り早く絶景が観れるのであれば無理せずロープウェイで上まで行ってしまうので、なんせコンパクトで良い。また、ロープウェイまでのアクセスも、新幹線1時間、バス40分で悪くはない。天神平スキー場から目的地は標高差600Mなのでシビアさはないけれど、超楽チンでもなく適度な負荷。そして、下山すると温泉街。。。色々な意味でバランスの良い目的地だと思っている。

 

IMG_5167Alpinist

さて、天神平スキー場である。ボードを担ぐ若者が多いが、登山客も結構いた。

 

IMG_5168Alpinist

どうやら本日、スノーボードの何かのイベント(競技会)が開催されていたようだ。スキー場全体に、とんでもなく軽いノリのMCが響き渡る。登山開始で妙に調子を狂わされたが、まぁ仕方ない。でも、スノーボードをやる人たちって、年齢層も若いし、ファッションも色々あって明るい感じがして良い。

 

スキー場横から登山開始

IMG_5170Alpinist

スキー場の横からスタートだが、早速急斜面なのでアイゼンとポールを装備。無風なのでフリースのままで、手袋なし。冬山とは思えない気候だ。この最初の急斜面は、体も温まっていないので、結構息が切れる。そして、汗を大量にかいてしまう。。。

 

IMG_5174Alpinist

一気に登り切ると、もうここからは稜線開始という美味しいコース設計。さっそくパノラマ展望をおがみ、ここに来て良かったと実感する。

 

IMG_5178Alpinist

真横にある天神峠側を観ると、謎の行列。滑降待ちのボード集団のようだ。絵的には、この大人数が一気に滑降開始したら壮観だろうと思ったが、危ない。

 

IMG_5177Alpinist

そう言うわけで、気を取り直して本日の目的地の2つのピーク。写真中央くらいから↗︎↖︎↗︎といった順番で尾根がはっきり見えて、そこにポツポツ人が登っているも確認できる。肉眼で観てみると、結構すごいところ登っていると感じる。

 

IMG_5187Alpinist

少し進んだところで1枚。見ての通り、凄い人である。天気が良いこともあって、登山客の数がとても多かった。雪山なので、ポツンと1人だと心細いが、あまり多いと、それはそれで変な感じもする。

 

IMG_5184Alpinist

前後に人がいるので、なかなか落ち着いて写真が撮れない。風紋の写真を少し暗く現像してみた。この辺の雪は、固く凍った感じになっている。

 

IMG_5210Alpinist

天神尾根のコースは、夏場は危険箇所はゼロだが、積雪期で危険箇所で挙げられるトラバース。今回は、岩をグルッと巻くような道になっていたので、あまり怖さはなかった。2016年にきたときは、ここの積雪が中途半端で、右上の岩からちょっとしたクライミングのような格好を強いられ正直怖かった。

 

IMG_5212Alpinist

遠くから観るとこんな感じ。左下も右下も落ちたらちょっとヤバし。注意して歩けばなんてことはないが、特に下り側はご注意を。

 

IMG_5230Alpinist

熊穴沢避難小屋。とはいっても、小屋は雪の遥か下に埋まって、こいつだけが地上に飛び出している。無風で妙に暑いため、ここで水分補給。

核心部の稜線へ

IMG_5233Alpinist

避難小屋のところで水分補給をしていたら飛行機雲。見える尾根の角度と平行だ。

 

IMG_5265Alpinist

ここからは一心不乱にこの道を進むのみ。天気が良く人も多かったということで、他のSNSでもこの手の写真がいっぱいアップロードされていた。いやーしかし、人影が途切れることなく続いているので、登山道がこの先どうなっているかがよくわかること。

 

IMG_5271Alpinist

IMG_5278Alpinist

この最後のハイクアップは、なかなかの負荷であるが、眺望がとても良いので、ふと歩みを止めたとき、疲れを忘れさせてくれる。だからこういう解放感のあるコースは良い。

 

IMG_5262Alpinist

登山道の右側は斜面だけで、あまり展望は臨めないが、なぜか1ヶ所だけ樹が。またしても、暗めに現像してみた。

 

IMG_5287Alpinist

樹を撮影していて上を観ると、右奥の稜線から登る集団が。西黒尾根からだろうか?気合いが入っております。

 

IMG_5291Alpinist

最後のハイクップ。この先が「肩の小屋」。

 

頂上付近からの景色を楽しんで下山開始

IMG_5334Alpinist

ここが山頂ではないが、妙にここに来ると何かを達成した錯覚に陥る。とりあえず、更に先を目指す。。。

 

IMG_5349Alpinist

トマの耳は、ものすごい沢山の人がいて、写真をゆっくり撮っている場合ではない。こりゃ、オキの耳もすごいんだろうな。

 

IMG_5361Alpinist

うーん、もうこれだけの人影をみた瞬間、オキの耳はいいや、と思い「肩の小屋」に戻ることにした。とりえあず、小屋裏の裏手(売店入口側)に回り込み、そこで休憩。

 

IMG_5308Alpinist

小屋の裏側の標識。標識にくっついたエビの尻尾がすごいことになっているではないか。

 

IMG_5313Alpinist

万太郎山の方面に伸びる稜線の見事なこと。秋口の部分紅葉した景色も素敵だったが、雪化粧をまとうと一転して凛々しい感じ。

 

IMG_5346Alpinist

いい!

 

IMG_5351Alpinist

これもいい!(といいつつ、これはトマの耳から撮影)

 

IMG_5338Alpinist

さらに、小屋も入れた構図でも1枚。

ザックをおいて色々撮影している間に、ふと気づく。ランチを買い忘れた。。。幸い、ホットコーヒーをポットに入れて来たので、ゆっくりコーヒーを飲みながら、ブラックサンダーを頬張り、あたりの景色を堪能した。観るものを観て、撮るものを撮ったので、あとはさっさと下山。

 

IMG_5385Alpinist

下山は下山でなかなか迫力のある景色。途中、足がズボッとハマる場所もあったが、アイゼンがしっかり効く道なので、よいペースで歩けた。大半の人は「オキの耳」を往復するため、下山する人はまだ少なく、登りのような人口過密状態ではなかったのが幸いだった。

 

最後に

人の多さと、無風に近く暑さに閉口した一座だった。 ただ、これだけの絶景を、冒頭で述べたような手軽なアクセスで楽しめるのだから、何とも贅沢な登山だと思う。この日、6時半に東京を出発して、東京駅に戻ったのは16時半。10時間と書いてしまうと、それでも結構長いなと思う一方、通常の日帰りよりは随分と早い帰宅である。

この週末はたまたま気温が高かったのかもしれないが、そろそろ厳冬期も終わってきたため、登山ウェアも考えないといけないかもしれない。メリノのベース+R2の組み合わせは、この日の谷川岳では暑すぎた。下山は、R2は脱ぎ、ベースレイヤーにハードシェールを羽織るだけにした。

もう暫くすると、雪が溶け始めて歩きにくい雪山が多くなりそうなので、今シーズンはあまり行けていないが、今年の雪山チャレンジはあと1回あるかどうか、というところだろうか。

 

IMG_5376Alpinist

一番最後は下山時に見えた八ヶ岳方面の一枚。

 

以下、前回の無雪期谷川岳登山の記事です。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村