読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K10's Memorandum

いきなり登山が好きになりました

ロッキーマウンテン国立公園への小旅行 Part3 (回顧録)

【前回までのあらすじ】

コロラド州デンバーを起点とした小旅行。2日目はいよいよロッキーマウンテン国立公園へ足を踏み入れる。美しい景観が有名なベアレイク(Bear Lake)を起点に、更なる奥地の景観を目指す突撃旅行パーティ一。しかし、駐車場についた瞬間、雹、そして雪道という予想外の環境に出鼻をくじかれる。木の枝とスニーカーという最強の装備で雪の残るトレッキングコースを進んで行くことになった。

s-d-k10.hatenablog.jp

 

【目次】 

ベアレイクからひたすら進む

ベアレイクは駐車場から目と鼻の先。とりあえず、ベアレイクは一番最後に寄ればOK。奥に向かって行くトレイルを行けるところまで進んでみよう!ということになった。全員、雪道対策を全く考えておらず、スニーカーや雨合羽でトレイルを開始(装備は第2回参照)。観光地とはいえ、雪はかなり引き締まり、勾配があると結構危ない箇所もあった。

f:id:S-D-K10:20170321001138j:plain

もし今であれば、迷いなく、軽アイゼンは使うだろうが、普通のトレッキングシューズと「木の枝」の杖で進む。ちなみに、何故か半袖の人と途中すれ違った。

f:id:S-D-K10:20170321001420j:plain f:id:S-D-K10:20170321001430j:plain

途中、湖らしきものをいくつか通る。左はNymph Lake、右はDream Lake。

凍っている。

遠くがガスで見えない。

現地では、それでも幻想的な世界観が感じられて、結構テンションがあがっていたのだが、今こうして写真で見返すと、単に悪天候の中、無謀に進んだだけにしか見えない。

寒い空気も薄い滑る

当初は、Dream Lakeの奥にある、エメラルド湖(Emerald Lake)まで行く予定だったが、メンバーの体力等も考え、ここで撤退。多分、この天候では、エメラルド色は見えなかっただろう。戻る途中、気温のせいか、標高のせいか、持参した缶ビールが破裂するという痛ましい事故にあう。その前に、この寒々しい環境で、缶ビールを飲もうと考えていたのだ、その時代の自分は、と思うと少し恥ずかしい。

 

f:id:S-D-K10:20170321001900j:plain

ベアレイクまで戻った

そう、先ほどのトレッキングは、たった1.1マイルで、挫けてしまったのです。

 

f:id:S-D-K10:20170321002420j:plain

残念なことに、ベアレイクのまともな写真が手許に残っていない。写真だと、最初に掲載した湖と同じにしか見えないが、全然違うんです。湖は凍ったままで、期待したものとはかなり違うが、空も一瞬だけ晴れ渡り、全員の満足度が少し回復した。

1つだけ言えるのは、このトレイルは、夏に歩いた方がいい

34号線沿いの景観

気を取り直して、もう少しロッキーを堪能したいので、車でパーク内を散策。少しずつ天候が回復してきた。

 

 一度Estes Parkに戻り、そこから36号線/34号線を進む。すると、所々、展望ポイントがあり、駐車場もあったりする。

f:id:S-D-K10:20170321005840j:plain

f:id:S-D-K10:20170321005905j:plain

標高は富士山頂より高く、たまに流れてくる雲を触ることもできる。

この日の車での公園内の散策や、前日のPikes Peakへの登山鉄道など、素晴らしい景色への手軽なアクセスが印象的だ。日本も、ロープウェイやリフトで一気に上の方に行ける登山道があるが、もっとそういうものが増えると、登山とか雪山が身近なものになるような気もする。そういえば、どこかのインタビューで、野口健が富士山に登山鉄道を、みたいな話をしていたのを想い出した。

 

f:id:S-D-K10:20170321005913j:plain

やっと晴れた。

ロッキーマウンテン国立公園は、冬期は閉鎖していて、5月からオープン。しかし、やはり100%満喫するには夏場が良いかもしれない。

蒸気機関車を乗りに行く(Georgetown)

登山鉄道で4000Mの世界を体験し、雪と雹の中、ロッキーマウンテンの一部も感じることが出来た。最終日は、今度は一気に西へ

 

 

ジョージタウン(Georgetown)という山間の街である。

お目当ては。。。

f:id:S-D-K10:20170321011329j:plain

蒸気機関車

昔、金などを運ぶための鉄道があったらしく、それを観光用にアレンジしたもの。東京ディスニーランドでウェスタンリバー鉄道が、更にパワーアップしたような感じだ。

 

f:id:S-D-K10:20170321011544j:plain

疾走感が半端ない。

この鉄道はGeorgetown Loop Railwayと呼ばている。チケットなどは事前予約しておいたほうが安全である。以下HPがリンク。

www.georgetownlooprr.com

 

機関車に満足した一行は、最後、デンバー近郊にあるワイナリーに足を運び、地元のワインをトライ。お世辞にも美味しいとは言えなかったが、何となく達成感だけはあった。

最後に

いかがでしたでしょうか。3泊4日でデンバーを起点にロッキーマウンテンを巡る小旅行は、自分たちでルートや時間配分を調べての旅だったので、多少のアクシデントはあったものの、満足感はあった。今見返すと、コンデジのレンズが暗いことこの上なし。

デンバーは、一昔前は、日系企業も多数進出していた名残で、和食やラーメン屋が残ってる。アメリカの地方に住んでいると、きちんとしたラーメンを食べに旅行する、という感覚があったりして、実は、今回はそれだけでもデンバーに満足していたりもした。

登山に目覚めた今から見返すと、沢山の登山ルートがあるロッキーマウンテンに、たった1日しか滞在しなかったことが悔やまれるが、また戻ってくる日があるでしょう。

変な旅行記になってしまったものの、最後まで読んでくれた方がいたら、「どうもありがとうございます。」

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする