K10's Memorandum

いきなり登山が好きになりました

山小屋泊

【カオス】テント泊vs山小屋泊 二兎を追い失敗する話(北穂高岳登山 番外編)

要は何を重視するかの問題でもある 先日の北穂高岳登山は、素晴らしい天気のもと、川沿いの緩やかな道を進むノンビリ登山と、鎖+ハシゴ+岩ゴロゴロのオラオラ登山の両方を楽しみながら(一部悶絶しながら)、最後には槍ヶ岳含む北アルプスの絶景で締めるこ…

【BB弾】テントと山小屋を使い涸沢経由で北穂高岳へ(2017年10月8日)

気合いで風邪を治したのだ 登山前日に体調を崩しどうなるかと思った。土曜日早朝に目が覚めたときは、正直まだ倦怠感が残っていたのだが、前日よりは回復している「気がした」。ここまでくると、直感以外頼るものはなく、前日にパッキングを完了していたザッ…

【修行3】仮想の敵「落石」を想定してヘルメットを装備した(KONG社マウス)

お泊まり登山の定番シリーズ第3弾 以前であれば「3連休」と聞くと、とりあえず1日か2日の予定を決めて、1日はノンビリしたりしていたが、登山シーズンの今、まさにそのような選択肢は全くない。目一杯の予定を詰め込み、あとは好天を祈るのみ。今シーズンの…

【隠れ能力】山小屋泊を振り返る(道具と行動食)

山小屋泊の復習である 無事、夏休みの山小屋泊・燕岳登山が終了した。 行動時間が長い登山の場合、色々と気づかされる点が多い。例えば、前回のテント泊では、重量と長距離行動により、数多くの登山で履き続けてきた登山靴で「靴擦れ」を起こした。今回は、…

【Your Majesty】北アルプス女王 燕岳に謁見を許可される(2018年8月13-15日)

謁見の間は標高2,764Mにある 天気予報と睨めっこをすること1週間、雨、雲、雷、霧のマークが並ぶ時間別予報。多少の雨は覚悟して、信州穂高へ。初めての北アルプスへの登山の場所に選んだのは、もちろん燕岳。北アルプスの入門として衆目一致の山、そして山…